よりみちカラスの雑記帳

日々の雑記です。カフェ、旅行、ゲームなど。

「Village of Cyber」を人狼ゲーム未経験者が遊んでみました!

人狼ゲームは、人狼BBSまとめサイトで有名ログを読み漁るくらいしかしたことがないのですが、読めば読むほどちゃんとプレイできる自信がなくなり……初心者村をロムってみたこともあるのですが、できたらもう少し手を出しやすい人狼ゲームがないかな、と思っていました。
そこで見つけたフリーゲーム、「Village of Cyber」をクリアしましたので感想を。

 

freegame-mugen.jp


まずプレイ感想ですが、大変面白かったです!
人狼ゲーム未経験者でも、ある程度ルールを知っていれば十分楽しめるよ! ということをお伝えしたいと思います。

 

f:id:YorimitiKarasu:20180910200543p:plain

 

というわけで、こんばんは、ゲーム大好きよりみちカラスです。

 

「Village of Cyber」をプレイしようと思ったきっかけ

 

ミステリ好き&ゲーム好き&TRPG好きとしては外せないゲーム、人狼ゲーム
人間同士、という、互いに一筋縄ではいかない戦略を胸に論戦を繰り広げているのは、ログを読むだけで引き込まれます。

しかしながら、

 

・ゲームが始まるとリアルに数日~10日ほどを拘束される
・頭をフル回転させて考え続けなければならない
更新時間にPC前でスタンバイしなければならない

 

など、社会人になってしまうと手を出し辛いのも人狼ゲームの特徴だと思います。

 

できたら、自分が「きちんと論理的思考ができているか」「途中で飽きて投げ出さないか」をプレイしつつ確認してから、本当にPCの向こうに人間がいるゲームをやりたい……そう考えて辿り着いたのが、「Village of Cyber」でした。

 

「Village of Cyber」全体の特徴

 

まずは何と言っても、終始村視点で進むゲームだということです。
狼視点を学ぶことは、このゲームではできません。
逆に、なにより基本である村の視点を学ぶという点で、極めて初心者向けだと思います。
とってもありがたい。

 

そして下記のとおり、様々な設定の村があります。

f:id:YorimitiKarasu:20180910201117p:plain

 

なお、初めは「チュートリアル」しかありません。


1つの村をクリアするごとに、次の村が開放されていくシステムです。
これにより、複雑な役職を少しずつ学んでいくことができます。


もっともカラスは人狼BBSしか読んでいなかったため、「狐? 猫又??」という悩みをググりながらのプレイとなってしまったわけですが、ここはお好きな方はご存知の役職なのでしょう。

もちろん、ちゃんと説明があるので大丈夫です。

 

なお、個人的な感想ですが、狐、めっちゃ強いです。
もうね、狼を全吊りしたのちの狐エンド、何回見たことか……。


役職「狐」が強いと感じる理由

 

f:id:YorimitiKarasu:20180910201220p:plain

 

これはカラスの現在のプレイ結果です。

 

ご覧ください、左下の「妖狐陣営」の勝利回数……。
いえ、全体的にしょぼい戦歴なのは目をつぶっていただけるとありがたいですが。

実践での「狐」さんがいるログを読んだことのないカラスですから、推測になるんですが……


本来は、会話等の中から、村人を装う狐さんを探すものなんだと思います。
しかしこのゲーム、当然ながら全員がAIです。
そのため、プレイ中のログそのものがありません


落ちる情報というのは、「死亡者(狼による噛み・占いによる狐溶け・猫又の呪殺を含む)」「占い結果(真偽を問わず)」「霊能結果(真偽を問わず)」しかありません。

 

「狐」を探し当てるには「占いによる溶け」に頼るほかなく、占い師が全員死亡あるいは吊った時点で、狼探し共々ほとんど運ゲーに近いと感じました。
もっともこの部分はカラスが人狼ゲーム初心者だからこそ悩むのかも知れず、もっと別の推理方法があるかもしれないです。

 

カラスの戦略としては、できるだけ「占い」は真偽関わらず多めの「村人」候補に振り分ける指示を出し、占い結果と噛まれた情報などから推測を進めてみたりしていました。
しかし、占いの真偽を確かめようとして、翌日は互いの占い対象を交換してみたり、統一占いをしてもらったりすると、圧倒的に占いの総数が足りなくなるんですよ。
やがて吊り対象になったり噛まれて欠けたりするんです。

 

噛まれて欠けが起きれば残った占い師は「偽」か「狼」の可能性が高くなるので、この時点で「狐」を溶かすことは不可能に近く、「吊る」しかなくなります

しかし前述のとおり、「吊る」と言ってもログがないため、グレーから吊るときに推理のための情報がない

 

なお、一応「村人それぞれのグレスケ」はあるんですが、どうもあまりアテにならない印象を受けたことと(ほぼ全員が同じようなスケールを出してくることが多いため)、また「村人のグレスケはプレイヤーが考えたグレスケではない」ことからも、吊りの根拠とするには違和感が残ります。

 

同様の理由で、グレー内の村人候補が占われていない場合、本来は会話等から役職を推理する部分がごっそりと欠けているため、グレーに潜む狼を探すことも難しいです。

 


それでも、初心者にはありがたいゲームでした!

 

f:id:YorimitiKarasu:20180910201832p:plain

 

f:id:YorimitiKarasu:20180910201848p:plain

よく使われる単語や戦略などの説明もまとめてくれてあります。

また、個人的には、人狼BBSしか見ていなかった人間には、「新しいキャラクターで人狼」というだけでも新鮮な気持ちでプレイができました。
双姉が好きです、吊ったときもー怖くって。
でも考えてみたら理不尽に(色を見たいとかそんな理由で)殺されるわけなので、凄んできたり悲しんだりするの当然ですよね……。

 

あと、プレイ中に1度だけ、破綻イベントが発生しました。
さあて私はこれから逃げるわけだけど、あなたたちに捕まえられるかしら!」みたいな特殊台詞が出たのを覚えています。
あれはビックリしたな。

 

村が始まる前にちょこっとした会話イベントが挟まることもあるので、周回が楽しいです。
同じ村でも、毎回犯人が変わるしね!
1回のプレイに、30分くらいでしょうか?
本当に、気軽に触ってみることができました。

 

1人でも人狼ゲームが楽しめる「Village of Cyber」、ぜひ皆さまも遊んでみてくださいませー!